フォレストファンドとは?~不安定な職業で安定を求めてみた~

ブログ
スポンサーリンク

 

かん、かん、ころん(。_。)
今日も人生という名の盤上で、運命のサイコロが動き出している。

『安定性のある仕事に就き、信頼できる家族や家庭を作り、精神的にも安定した人生を歩んでいる人がこの世の中に何人いるのだろぉーか?』

、、、そんなことを考えだした30代前半男の思うようにはいってくれない人生を紹介しようとこのブログを始めようと思いました。

職業は営業職という不安定な職業に就いており、精神的に追い込まれることが多いが幸せな家庭を一生懸命に作ろうと心を燃やしながら毎日生きています。

営業職なので、成績が良い時には収入も多く上司や部下からの称賛を受けることもしばしば、、、

だが、成績が悪い時にはもちろん収入も下がり、

上司からのキツイお叱りの言葉+休日出勤

を選択せざるを得ないことも状況もあります。

どれだけ良い波や悪い波に乗っている時でもふと考えてしまうことがあります。

こんな状態で一生働いていけるのか?』

『こんな状態で愛する妻と子供(今後増える可能性があるかも)を養っていけるのか?』

『こんな状態で人生幸せなのか?』

いつまでもぼーーっと周りに流されるがまま生きていると、あっという間にどうしようもない、取り返しのつかない状態になってしまわないか。

そう考えていた時に出会ったのが、

FIRE   (Financial Independence, Retire Early)

経済的自由

、という考え方でした。

超高齢化社会を迎えた日本では年金支給が徐々に引き上げられており、現在(2021年/01月時点)で基本的には65歳となっている。

それに伴い企業には65歳までの雇用を義務付けしましたが、

超高齢化社会がさらに深刻化することで年金支給の年齢の引き上げも避けられなくなり、

生涯現役で働き続けなくてはならない可能性が高まってしまいます。

もとより十分な資産があっても働くこと(仕事、その職業)が好き、家に居場所がなかったり居たくなかったり、

暇を持て余すくらいなら働いて稼ぎたいなど様々な理由で定年後や本職と掛け持ちしながら働いている方もいます。

ですが先ほど説明した以外の世の中の方々(自分を含め)は会社や社会に対してストレスを抱いて業務内容や理不尽な上司に対し嫌気が差してしまうことが多い事でしょう。

それでも

生活のため、

家族を養うため、

老後や今後の教育費のため、

自分自身を磨くため

に人生の時間の大半を会社に捧げるサラリーマン生活を送っているのが現実です。

そこで!!

人生をなに不自由なく過ごすために、数々のYouTube・資産形成書籍を拝見し勉強をしつつ、経済的に余裕や自由を目指す考えに共感して、投資を行いました。

『こんな平凡な自分でも努力すればやれなくはないのか?』

『まだ間に合うのか?』

『とりあえず、

 ”できるか。できないか。” 

 を考えるのではなく、

 ”やるんだ!!(営業的理論)”』

という、感じで始めました。

今後このブログで、ForestoFundの投資方針や過程記録、日常の出来事(釣り)、育児についてあげていきたいと思います。

2021年時点で、

  • 年収300~1200万円の営業職
  • 株式配当・利子所得 40万円前後
  • 不動産家賃収入 60万円
  • フォレストファンド総資産 1100万円

ここまでこれた実績と経験を元に!

かなり考え方や、投資方針が変わっていたり、偏見や調査が雑なところがあったりするとは思いますが、知識・経験・ノウハウなどを公開していきたいと思います。

まだまだ30代の資産形成素人なので日々進歩の程を温かく見守って頂けたら幸いです。

早期リタイアして自由に暮らす生き方「FIRE」(Financial Independence, Retire Early)

FIREを達成するための方法は、収入増や支出減を模索しながら、意図的に貯蓄率を最大化することである。
その目的は、(FIRE達成後の)生涯の支出を賄うのに十分な不労所得を得ることだ。 FIREムーブメントの支持者は、(退職後の資産の取り崩しに関して)4%ルールを提案しており、推定年間生活費の少なくとも25倍の貯蓄目標を設定している。 経済的独立を達成すると、労働所得は付属的となり、標準的な定年よりも数十年早く退職が可能になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました