投資初心者はとりあえず米国株ETFを買っとけば間違いなし!超有名おすすめ HDV ETF銘柄紹介

スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク

 

かん、かん、ころん(。_。)
今日も人生という名の盤上で、運命のサイコロが動き出している。

投資初心者はとりあえず米国株ETFを買っとけば間違いなし!超有名おすすめ HDV ETF銘柄紹介

日本株高配当株ポートフォリオをメインで作っていますが、米国株にもいくらか投資しています。

日本株は分かりやすくて良いのですが、何せパフォーマンスが悪いですね。

米国株ETFに投資している金額は少ないのですが、投資利回りがそっちの方が上です。

とりあえず投資を始めてみたいと言う人が失敗しない、一番始めやすい投資先を紹介したいと思います。

もちろん、

フォレストファンド
フォレストファンド

おすすめ一番は日本株の高配当株投資ですが、米国株高配当ETFの方が安心してお薦めすることができるのでブログを書いていて気が楽です。(о´∀`о)

金豚
金豚

ちなみにHDVはSPYDとニコイチみたいなものなので、SPYDも詳しい方が良いですね。

日本株高配当株について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

配当金を効率よく増加させる方法はこちらをご覧ください。

投資に詳しい人には物足りない内容になってますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

ETFとは?

ETFとはExchange Traded Fund の略で、日本語では「上場投資信託」といいます。

ETFは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)、NYダウ等の指数に連動するように運用されている投資信託の一種ですが、証券会社に口座を開けば、株式同様手軽に売買できます。

ETFの仕組み

一般的にETFが連動を目指す指数は複数の銘柄で構成されているため、ETFの投資対象も複数の銘柄になります。

よってETFは、投資信託同様、1銘柄に投資するだけで分散投資が可能となります。

子猫
子猫

簡単に言うと、投資銘柄の詰合せパックです。

また、ETFは取引所に上場しているので、株式のようにリアルタイムで取引することができます。

投資信託とは?

株式(個別銘柄)投資では、投資家がご自身で株式の銘柄を選択し、投資します。

それに対して、

ETFを含む投資信託は、複数の投資家から資金を集めて、運用の専門家が株式や債券などの銘柄を選択し、運用します。

カメ
カメ

俗にファンドとも呼ばれます。

ETFと投資信託の違いは?

ETFと一般的な投資信託の違いは、上場か非上場かという点です。上場しているETFは、株式と同様、相場の値動きに応じた自由度の高い売買が可能です。

ETFのメリットとは?

①手軽に分散投資ができる

ETFの投資対象となる指数は、さまざまな銘柄で構成されおり、1つのETFを持つことで、個別企業の株式に投資するよりもリスクを抑えながら分散投資することが可能です。

②値動きがわかりやすくコストが安い

ETFは、指数の動きに連動するように運用されていますので、値動きがわかりやすいのが特徴です。

③取引所でリアルタイムに売買できる

ETFは、取引所が開いている時間帯は株式同様、リアルタイムで取引が可能です。信用取引もできます。

ETFのデメリットとは?

①価格のかい離がある

ETFには、上場株式としての「市場価格」と投資信託としての「基準価額」の2つの価格があります。

市場価格は市場の需給で決まるため、投資信託の価値である基準価額と市場価格が乖離する可能性があります。

②自動積立投資ができないことがある

ETFは、基本的には市場価格をチェックしながら自身で売買を行うため、自動積立投資ができないことがあります。

但し、一部の証券会社では毎月一定の金額で株式を買い続ける株式累積投資(るいとう)の対象銘柄となっている場合もあります。

③分配金が自動的に再投資されない

ETFの分配金は、一般的な投資信託と異なり、組み入れ銘柄の配当金や利息は運用経費を差し引いて、決算時にすべて分配します(為替差益や値上がり益は分配しません)。

支払われた分配金は、自動で再投資する仕組みがないため、再投資する場合は手動で買い付けを行わなくてはなりません。

配当金のメリットや魅力について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

おすすめ高配当米国株ETFをご紹介

【HDV】

HDVとは、

正式名称は、iShares Core High Dividend ETFです。

世界最大の証券会社である、ブラックロック社によって運用されています。

モーニングスター配当フォーカス指数」に連動した投資成果を目指すETFです。

この指数の特徴は、
財務の健全性が高い」かつ「持続的に平均以上の配当を支払う」企業を選定しています。

  • 米国の財務優良企業のうち
  • 配当利回りの高い約70~80銘柄で投資している
金豚
金豚

米国高配当ETFで、世界有数の大企業を集めています。

  • 配当利回りが高い
  • 高トータルリターンが期待できる
  • 右肩上がりの分配金を期待できる
  • 分散が効いているSPYDとの相性が良い
  • 経費率が安い
  • ブラックロック社が運用している

配当利回りが高い

おおむね、3.3%~4.0%ほどの水準です。

米国の超優良企業の集まりであるS&P500のうち高配当のものを70~80銘柄も分散されています。

HDVは

  1. ビジネス上の競争力が高く
  2. 配当継続力があり
  3. デフォルトの確率が低い(要するに財務が優良な企業)

こういった企業で厳選されて構成されています。

子キツネ
子キツネ

アメリカの優良高配当株に投資したければ、このファンド1本でも十分なほど優秀です。

配当金権利確定月

配当金は年4回(3月, 6月, 9月, 12月)に配当されます。

高トータルリターンが期待できる

HDVは高配当株ファンドですが、配当金だけでなく株価の伸びも期待できるファンドです。

HDVが誕生した2011年以来のチャートなんと、年利11.32%です。

HDVはディフェンシブ(景気の影響を受けにくい)銘柄で構成されている
HDVの主力銘柄は連続増配株なので、S&P500よりも配当金が下がりにくい。

右肩上がりの分配金推移を期待できる

米国株の高配当株ETFなので、右肩上がりの配当金が期待できます。

米国市場全体が成長を続けているからです。

ひよこ
ひよこ

HDVの構成銘柄上位13社(ファンドの約7割を占める)はいずれも連続増配株です。

増配年数も日本では考えられない長さです。

米国は、連続増配企業・減配しない企業がとても多く、安心感があります

分散が効いている

HDV1本に投資するだけで、幅広いセクター(業種)に投資することが可能です。

組み入れ上位は

  1. エネルギー
  2. 通信
  3. ヘルスケア
  4. 生活必需品

になります。

HDVは比較的構成銘柄の入れ替えが激しいのですが、いずれにせよ各セクターを代表するような超優良企業を組み入れているので、安定感があります。

SPYDとの相性がいい

米国株投資家はSPYDという高配当ファンドにも投資しています。

SPYDというのは、

  • S&P500を構成する銘柄のうち
  • 配当利回りが上位80社にランクインしている

こういった企業を80銘柄集めたファンドです。HDVとは異なり、収益力・財務の安定性などは考慮せず、配当利回りだけを基準にしています。

HDVの上位3業種

  1. エネルギー
  2. 通信
  3. ヘルスケア

SPYDの上位3業種

  1. 不動産
  2. 一般消費財・サービス
  3. 公益

といった感じで、上位3業種が全く被っていないことが分かります。

相互補完されて非常にお互いを調整しあえるバランスになっています。

高配当株ETFのSPYDについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

経費率が安い

なんと、このファンドを保有するコストは年間でたったの0.08%です。

  • 100万円買っても、年間の保有コストは800円
  • 1日あたりになおすと2.2円

ほとんどタダみたいなものですね。

サル
サル

ぼったくり手数料ファンドもあるなかで、HDVの保有コストはたったの0.08%。10年後20年後に差がついて当たり前です。

ブラックロック社が運用している

HDVは、ブラックロック社という資産運用会社が運用しています。

世界の資産運用会社ベスト3は下記のとおり。

世界三大運営会社

  • バンガード
  • ブラックロック
  • ステートストリート

資産運用の世界の超優良ブランドですね。三社合わせると、運用総額は1000兆円にものぼります。

なぜHDVのコストがこれだけ激安になるかというと、HDVを運用しているブラックロックがめちゃくちゃお金を持っている運用会社だから。

  • 1億円運用しようが
  • 1兆円運用しようが

手間は大して変わらないので、お金が集まっていれば集まっているほど経費率は下がる

HDVのデメリット

分散性がやや低い

HDVの銘柄数は、75銘柄です。めちゃくちゃ低いというわけではありせんが、VYM(393銘柄)などに比べると分散性がやや低い。

また、構成銘柄には偏りが大きく、上位10銘柄だけで約6割(60.5%)を占めています。

セクターに偏りがある

投資セクターを分散しているほど、リスクを抑えることができますがセクターに偏りがある。

HDVは、エネルギー・ヘルスケア・情報・生活必需品の4分野で7割を占めています。

HDV の購入タイミング目安

  • 定期的に、定額で、機械的に購入購入するなどのドルコスト平均法で定期的に積み立てていくやり方
  • リーマンショックやコロナショックなどの下落のタイミングを計って、できるだけ安く買うやり方がおすすめです。

一番はドルコスト平均法ですね。

ドルコスト平均法についてはこちらをご覧ください。

投資にのめり込んでしまう前にリスクを考えるべき人はこちらをご覧ください。

 

 

まとめ

特徴

  • 配当利回りが高い(3~4%)
  • 高いトータルリターンが期待できる
  • 右肩上がりの分配金を期待できる
  • 分散が効いている
  • SPYDとの相性が良い
  • 経費率が安い
  • ブラックロック社が運用している
  • とりあえずこれ買っとけばそんなに大損はしない!
  • とりあえずこれ買っとけば配当金も貰える!

他にも良い銘柄はありますが、とりあえず投資に慣れるためには1つ買ってみることから始めてください。

そこから慣れれば、もう1つ・2つ買えば十分です。

米国株投資の王道パターンの一角になるので、まず間違いないものになります。

銘柄を調べているとあれもこれも欲しいとなってしまいがちですが、

ETFを1つ買うと数十の銘柄に投資しているのと同じで、高配当株詰め合わせパックみたいなものなので十分分散されててリスクも少ないですね。

慣れれば個別株も良いですが、チャレンジしない方が良いことも。。。

実際こういうETFだけ買ってた方が資産を増やしている投資家さんが多いみたいですし。

今回HDVという高配当ETFをご紹介しましたが、投資の最終判断はご自身で行ってください。

 

~ 早期リタイアして自由に暮らす生き方 ~
~『FIRE』(Financial Independence, Retire Early)を目指して ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました